レーザー脱毛の概要と特徴

バナー

レーザー脱毛の概要と特徴

レーザー脱毛とは脱毛の方法のひとつです。

レーザー光が特定の色に吸収されるという性質を利用した脱毛方法で、レーザーの種類としては固体レーザーに分類されます。


黒や茶色と言った色に吸収される波長のレーザー皮膚の表面に照射することで毛根を含めた毛を再生する細胞自体を破壊するという方法です。

毛のライフサイクルのうち成長過程にある毛に効果があると言われています。この理由としては成長過程にある毛はレーザーの熱が十分に伝わり、細胞を完全に破壊させることが出来るためです。



そしてこの期間にレーザー脱毛を行えば、その効果は半永久的です。



また一回の処置で完全に脱毛出来るわけでなく、何回かレーザーを照射させる必要があります。



これは肌表面に見える毛は毛の全体の約2割から3割とされており、レーザー脱毛を何回か繰り返すことで大きな脱毛効果を実感することが出来ます。

これらの回数や期間は個人差や行う箇所にもよるのでよく専門家と相談する必要があります。



現在、レーザー脱毛はエステや医療機関で受けることが出来ます。




エステで行う場合は低価格で手軽に施術を行えます。


医療機関の場合は、医師が常勤しているためエステより強力なレーザーで照射することが出来ます。


これにより長期的な効果を安全に得ることが可能になります。
レーザー脱毛は処理時間も比較的に少なく、従来の針脱毛に比べ圧倒的に痛みを抑えることが可能です。

そのため、今後も脱毛方法の主流であり続けるでしょう。